忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017年12月14日05:20 】 |
社交ダンス種類

 

社交ダンスの種類を説明したいと思います。


【ワルツ(Waltz)】
●特徴
・ワルツは美しいハーモニーです。雄大な動きと繊細な感性が織り成しています。
・大きなスイングとライズ・アンド・フォールが特徴です。
・ライズ・アンド・フォールというのは、一歩目の終わりにライズを始め、2歩目、3歩目で継続して3歩目の終わりでロウするということです。
・この動きはブランコの動きに似ていて、第一歩は、ブランコが動き出すところ、第二歩・第3歩は徐々に上昇するところ、第3歩から次の第一歩が段々下降する所にあたります。
【タンゴ(Tango)】
●特徴
・タンゴはシャープで歯切れがいいです。コンパクトで端正なホールド、力強いレッグ・アクション、情熱的なアタック・ムーブメントによって、ドラマチックに表現されています。
・タンゴは他のモダン種目と異なる点が多いです。
 1.音楽
  曲調はスタッカートが効いています。
  踊り方もシャープさを一歩一歩出すために、上下運動(ライズ・アンド・フォール)のないフラットな踊り方になります。
  上半身と下半身がぶれない様に注意しましょう。

 2.ホールド
  男性の場合:左アームを、ひじを少し張り出す感じで鋭角に構えます。
        右アームは身体と腕が一体になるような感じで身体の前に置きます。
  女性の場合:指をきちんと揃えます。
        男性の右脇の下あたりに左手を置きます。
        その際、手のひらは見えないようにします。

 3.ウォーク
  タンゴは左にカーブしますが、他の種目は直線的にウォークします。

【ブルース(Blues) 】
 ●特徴
・社交ダンスを始める際に、最初に習う種目です。
・音楽は「スロー・フォックストロット」と同じ曲を用いているところが多いです。
・もともと、ナイトクラブやレストランみたいな狭いところで踊られていたダンスで混んだ場所でも踊る事が出来るため、別名「クラッシュ・ダンス」とも呼ばれているみたいです。

他に【スロー・フォックストロット(Slow Foxtrot) 】【クイックステップ(Quickstep)】【ウインナー・ワルツ(Viennese Waltz)】があります。

 


PR
【2008年01月26日16:03 】 | 社交ダンス | コメント(0) | トラックバック(8)
ウリナリ社交ダンス部に関するブログ

 

新聞の番組欄に書いてあったので、ついついウリナリ社交ダンス部を見てしまいました。
今回は2年ぶりの番組と言う事もあり、新入部員が加わるところから始まりました。
お笑いタレントや、女子プロレスラー、タレント、元アナウンサー、榊原郁恵が入りました。

番組の内容は初顔合わせ?練習風景?武道館の本選までです。

でも本命はやっぱり、南原・杉本ペア、ゴルゴ松本・小池栄子ペアの二組ですね。この二組はホントうまいしキレがあって上手いです。普通の方たちと比べても引けを取らないくらいですから。

他の即席で作ったペア達は申し訳ないが、小学生の学芸会レベルでしかない。なんせリズム感が無いので全てが合わないし、ともなわないのだから。でもなぜか、1次・2次予選を突破してしましまった。これはテレビの力なのだろうか???と疑問が出る。

本番は決勝戦まで4試合あります。
同じダンスを4回も見せられるのだから少し過食症気味になってしまうのが難点だとこの番組に対しては思う。ですので、決勝戦へ進めば進むほど観るほうがだらけてしまいがちになって、結果を見るのに最初のようなドキドキ感は薄れていくと言う事になります。

榊原郁恵とペアを組んだのはアンガールズの背が高いほうです。この人は手足が長いので見栄えがよいのが利点だと思った。キャリアが長くても手足が短い伽いーんの天野は見ているだけでコントとしか思えないのがかわいそうだと思った。

アンガールズは猫背を矯正すると遠めに見栄えがするダンサーになれると思う。案外漫才より社交ダンスで成功するんじゃないか?って思うくらいでした。

しかし、今回も存在感が薄かったのが内村でした。。。

 

【2008年01月24日20:18 】 | 社交ダンス | コメント(0) | トラックバック(1)
前ページ| ホーム |次ページ

忍者ブログ [PR]