忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017年06月27日05:35 】 |
社交ダンス・競技選手の競技前のマナー

 

競技選手は、華やかな衣装、しなやかな肢体、華麗さと力強さとダイナミックな動き、曲想を感じて得る陰と陽の表現し演じる。勝つために一生懸命に踊っているためそれを見る競技をしない人にとっては、感動でありあこがれであり、夢を与えています。
それもあり、ダンス愛好家の中でも羨望の的となっています。

ところが、競技選手の華やかさとは別に勝負の世界にいると多少醜い部分も見えてきます。勝負の世界にいると自分だけが他より少しでも優位な状態で本番に挑もうとするエゴが見え隠れします。他の選手との和や協調性という物が欠け、殺伐とした雰囲気が試合前に流れるような感じになるのではないでしょうか。

ところで、最近の競技会場での競技選手のマナーは決していいものではありません。マナーはダンス教室が教えてくれるものではなく、家庭環境で覚えるものだと思います。
下記に気がついたことを述べてみました。

【控室】
・必要以上に場所を占拠して振舞わない事
 控え室で、シートを広げて自分の場所を確保しすぎるカップルが多いのが目に付きます。狭い控え室なので譲り合いながら利用するのがマナーです。
 またトイレの鏡の前で長々とメイクをして、場所を占拠する人も非常識な感じですよね。

【競技前の練習】
・かかる曲によって練習者が交替をきちんとすること。他の種目の曲がかかったら速やかにフロアから離れる。邪魔にならないように端で練習するとか、他の選手たちに邪魔にならないようにするよう心がけるようにしてください。

・フロア内でむやみに立ち止まらない事
 むやみにフロア内で立ち止まると、怪我をしたりする方が出る事もあります。立ち止まって姿勢を直したりするのはフロア内ではなく、端でも出来るので立ち止まらないよう動くようにしましょう。


PR
【2008年01月30日13:57 】 | 社交ダンス | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |ウリナリ芸能人社交ダンス部>>
コメント
コメントの投稿













トラックバック
トラックバックURL

| ホーム |次ページ

忍者ブログ [PR]