忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017年06月27日05:35 】 |
ウリナリ芸能人社交ダンス部

 

ウリナリ!!のレギュラー放送時代に好評だった企画に、ウリナリ芸能人社交ダンス部がありました。ウリナリのレギュラーたちが練習時間がない中、睡眠時間を削り練習に励みました。そのため、疲労を訴えたり、負傷したりしながら予選を戦い、敗退しても決して諦めずに、むしろそれをバネに次回に向けて頑張り、絆を深めるという企画でした。ウリナリ!!ファンだけではなく、一般視聴者にもその姿勢が高く評価されました。
その結果、2002年3月のレギュラー放送が終了しても、「新・芸能人社交ダンス部」として特別番組という形で不定期(毎年1、2回)で放送されています。これは、ウリナリ!!の歴史の中でも長寿の企画とななりました。
現在のウリナリ社交ダンス部は当初レギュラーだったビビアン・スー、千秋、室井滋、遠藤久美子、よゐこ、藤崎奈々子、堀部圭亮がいた頃の社交ダンス部とメンバーが変わっています。
また、最近では、お笑い路線から技術重視路線に変更されてきました。


◆社交ダンス部の歴史

1996年4月12日、南原の「Shall we ダンス?」の掛け声でウリナリ芸能人社交ダンス部が結成されました。初代メンバーは南原・天野・杉本・鈴木。

1996年6月、杉本彩・南原清隆ペアでJADA1級を取得しました。
1996年10月10日秋の社交ダンス部スペシャルで視聴率28.2%を記録。これは過去のウリナリ全コーナーのなかで一番高い視聴率でした。
2000年、級取り大会で級を取得するペアが続出しました。同年1月21日放送分にて全員が旧レギュラー陣でのウリナリ芸能人社交ダンス部は最後となりました。
2001年から、「ウリナリ芸能人社交ダンス部」から「新・ウリナリ芸能人社交ダンス部」となり、大幅にメンバーが変更されました。
2005年4月3日放送の大会で新メンバーが加わりました。それと同時に、ベンチャー内村が「ウリナリ社交ダンス部」を買い取ったという設定で、いままではローズ南原がリーダー的存在だったのが、この回はベンチャー内村がリーダー的存在となりました。
2005年9月22日、「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!芸能人社交ダンス部 1996春 伝説はこの大会から始まったスペシャル!!」および、「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!芸能人社交ダンス部 2005春 大復活!新たなる挑戦スペシャル!!」の過去のスペシャルから厳選したスペシャル版2本(ノーカット版)がDVD化。
2006年3月21日、ウリナリ社交ダンス部スタートから10年が経過しました。さらに新メンバーが加入しました。前回リーダー的存在となったベンチャー内村は天竺に行っているという事で参加しませんでした。(フジテレビ系ドラマ「西遊記」出演中だったためです。)
今までに挑戦した種目は・・・
ラテン、チャチャチャ、ルンバ、サンバ、パソドブレ、ジャイブ、モダン、ワルツ、
タンゴ 、スローフォックストロット
などです。

PR
【2008年01月29日09:53 】 | ダンス | コメント(0) | トラックバック(12)
タップダンスの特徴

 

タップダンス (Tap Dance) の名前の由来はダンサーの靴の小さい金属板が固い床に触れるときに鳴る音からつきました。
タップダンス (Tap Dance) は、モダンダンスの一つです。元来はアメリカ南部の黒人のダンスです。タップダンスの特徴は、靴の爪先(ボウル)と踵(ヒール)で床を踏み鳴らしながら踊ります。靴の底には金属板を付けてあります。フレッド・アステアやジーン・ケリーが代表的なタップダンサーです。日本での創始者は中川三郎が知られています。
現在ではタップダンスもリズムタップやミュージカルタップなどのスタイルがあり、多様化されてます。ビートを重視したリズムタップはステップによって音楽を作りだしていくスタイルです。体全体の動きを重視したミュージカルタップはブロードウェイミュージカルに見られるようにタップだけではなく曲に合わせて踊っていくスタイルです。
ステップの種類には、ボールドロップ・ボールタッチ・ヒールドロップ・ヒールディグ・シャッフル・チャグ・スラップ・フラップ・ストンプ・スタンプ・ジャンプ・ウィング・プルバック・タイムステップなどがあります。
タップダンスの用語はダンサー自身がリズムとテンポを生み出すことが出来るので、音楽用語と共通したものがたくさんあります。
シューズについてですが、タップシューズの後ろ側には“タップチップ”と呼ばれている金属がかかととつま先に付いてます。両脚で全部で4個のチップを使って床を鳴らし、踊ります。
シューズのつま先を“ボール(ball)”、かかとの部分を“ヒール(heel)”、つま先の先端を“トー(toe)”と呼びます。スタンプは足の裏全体(トウとボールとヒールのすべて)をさします。
それぞれのチップを上手に使っていろんな音を出します。

 

【2008年01月28日08:41 】 | ダンス | コメント(0) | トラックバック(6)
| ホーム |次ページ

忍者ブログ [PR]