忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017年05月27日05:51 】 |
ダンスシーンの素敵な映画

 

洋画には、よくダンスシーンが登場します。歴史や文化の違いによるもので、日本ではほとんど縁のないダンスパーティですが、外国の日常生活には溢れています。パーティにはダンスがつきもので、海外のホームパーティでは殆どの場合、音楽と共にダンスが始まります。学園ものならカフェテリアや週末の体育館でのダンスパーティ、正式なプロム(卒業パーティ)やクリスマスパーティもよく登場します。
そんなダンスシーンの出てくる映画をいくつかご紹介しましょう。


●Dance With Me
ダンスのコンクールを扱った映画で、最初から最後までダンスシーンが目白押しです。ヴァネッサ・ウィリアムズとプエルトリコ出身のチャヤンのふたりのダンスは吹き替えなしだそうです。見事な踊りで、見る人を楽しませてくれます。軽快なサルサのメロディに合わせて踊る二人は本当に魅力的。
ストーリーは、しがないダンス教室においての週末のダンスパーティの様子が色濃く描かれています。体会に向けて練習をひたすら繰り返す度重なるダンスシーン、大会当日の踊りなど、どれをとっても素敵です。

●ダンシング・ヒーロー
コンクールに向けて練習を繰り返すカップルの物語です。
●微笑みをもう一度
カントリー風の音楽に乗せて踊るサンドラ・ブロックとハリー・コニック・Jr.の軽快なダンスシーンが見ものです。
ハリー・コニック・Jr.はジャズマンとしても知られています。


●ダンス・ウィズ・ミー
キューバから出てきた純真・素朴な若者がダンス一筋に打ち込むシングルマザーに恋をする、というストーリーです。

ダンスを通じて心が通い、恋におちてしまう。ステップは練習すれば出来るけれど、息が合わなければ完璧なダンスはおどれません。
"Dancing's just a conversation between two people."(ダンスはふたりのコミュニケーション)

 

PR
【2008年01月07日09:49 】 | ダンス | コメント(0) | トラックバック(3)
<<ポールダンス | ホーム |ストリートダンスをご存知ですか?>>
コメント
コメントの投稿













トラックバック
トラックバックURL

オーランド・ブルーム、ダンスシーンで気まずい思い
 オーランド・ブルーム(Orlando Bloom)が『エリザベスタウン(Elizabethtown)』撮影時に、パパラッチの目前でダンスシーンを披露する羽目になったことで非常にきまりの悪い思いをしたと述べている。 キルステン・ダンスト(Kirsten Dunst)、スーザン・サランドン(Susan Sarandon)との共演作で、ダンスシーンの撮影はケンタッキーで行われた。入れ替わり立ち代り訪れるファンやパパラッチたちに囲まれる中で撮影が行われたため、ブ...
【2008/01/07 10:07】 | オーランド・ブルーム、ダンスシーンで気まずい思い|映画・演劇| 海外エンタメ情報『ニュースくるくる』
31本の映画からダンスシーンを集めて作った映画のダンス映像集
サタデーナイトフィーバーやフラッシュダンスなどのダンス映画や、バック・トゥ・ザ・フューチャーやパルプ・フィクションなどの映画あわせて31本からダンスシーンを集めて作ったダンス映像特集だよ!見てるだけで一緒に踊り出したくなっちゃうようなダンス尽くしだか...
【2008/01/07 10:07】 | 小太郎ぶろぐ:31本の映画からダンスシーンを集めて作った映画のダンス映像集
映画「哀愁」の話
二人のピアニスト氏が、船旅の船上シアターで見た、往年の映画の感想を書いている。 (船旅のご報告(2) )。
【2008/01/11 20:23】 | 変人キャズ
前ページ| ホーム |次ページ

忍者ブログ [PR]